NTTのマンホール蓋が、50年ぶり新デザインに刷新されるという記事を見ました。

 

NTTのマンホール蓋、50年ぶり新デザイン 摩耗少なく交換の期間3倍 (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000008-fsi-bus_all

 

マンホール表面の摩擦力はどうなんですかね。

自転車やバイクに乗っていると、雨の日はマンホールの蓋の上で傾かせないように気を使います。

曲がり角にマンホールの蓋がある時はちょっとビビります。

 

反対に雪が降って道路に積もっている時。

これは逆にマンホールの蓋の上はホッとするスペースになります。

 

雪が積もっているのだから、自転車ではなく徒歩で。

歩くと当然、雪の積もった道路は滑るので気をつけなければならず、かなり神経を消耗するので疲れます。

 

そんな時のマンホールは、蓋の下の空間が温かいからか、マンホール上だけ雪が溶けてなくなっているんですよね。

マンホールの蓋の上は、濡れてはいるんですが、雪の上に比べたら段違いのグリップ力を示してくれます。

普段は濡れている蓋の上は注意しなければならないスペースなのに、雪の日はたとえ濡れていてもホッとするスペースになる不思議。

 

でも・・・ホッとする日は、来ないでほしいな。

雪は、本当に嫌だ。

東京に雪はいらんでしょ。