パソコンの小遣い帳ソフトを使いはじめました。

 

この先も、付け続けるなら家計簿ソフトに切り替える時がくるかもしれません。

では、なぜ今は小遣い帳ソフトなのか。

それは「シンプル」だから。

 

そして何よりの理由は「所持総額を把握しておきたい」からなんです。

 

もちろん家計簿ソフトでも所持総額は知ることができますが、記入項目が細かすぎていちいち面倒なのは、今は必要がないんです。

そこでもっと記入がシンプルなものをと思ったら、小遣い帳ソフトがあるとわかりました。

そこでVectorで小遣い帳で検索していくつかソフトをピックアップしました。

 

その中で僕の「記入項目がシンプル」「所持総額がわかりやすく知れる」という目的にピッタリと合った小遣い帳ソフトを見つけました。

 

サルでもわかる小遣い帳の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

 

このソフトは記入項目が至ってシンプル。

数字を記入する金額欄と、補足のメモ欄のみ。

食費も日用生活品も医療衛生もありません。

 

スーパーで食品と日用生活品と衛生品とか、まとめて買った時に分けるのって面倒じゃありませんか?

これはそんなこと気にする必要がありません。

補足メモ欄に「スーパー○○○○」と記入するだけでいいのですから。

 

そして、この「サルでもわかる小遣い帳」のメインともいえるのが、所持総額の表示が大きいこと。

「現在の所持金」という表記で、下段にドーンと表示されているんです。

まさに一目瞭然で所持総額を知ることができます。

 

今の僕にとって、これ以上に理想的なソフトはありません。

良い家計簿ソフト、いや小遣い帳ソフト見つけました。

 

ちなみに以前は「うきうき家計簿」を使ってました。

 

 

いまはもう秋、誰もいない海♪

 

ただいま夏休みの真っ最中なんですが、1日たりとも晴れてくれません。

前後の通常の休日を含めた9日間すべて雨天です。

なんでも東京は、8月に入って全日雨天なんだとか。

 

自転車で買い物に行けない…。

 

僕はいまだに梅雨が続いていると密かに思っているんですが、気づかぬうちに秋雨になっている可能性が出てきました。

低気圧の前線が秋雨前線と呼ばれています。

 

森永が栗の菓子を販売へ 今年は「エンゼルパイ<和栗>」を追加 – Peachy – ライブドアニュース – http://news.livedoor.com/article/detail/13475541/

とか

うまそ!和栗味のビスケットで和栗チョコを挟んだ「ハーベストチョコサンド 和栗モンブラン」 [えん食べ] – https://entabe.jp/news/gourmet/17710/harvest-chocosand-waguri-montblanc

なんていうね、栗を使った食べ物が出始める時期になってきました。

 

朝晩が肌寒いなんていう時期が、もうすぐそばまで来ていることが信じ難い。

なんせ僕はいまだに梅雨だと思っているのだから。

栗の花が咲き匂い「あーもうすぐ梅雨入りか、嫌だなあ」なんて思ったのが昨日のようなのに。

 

夏の日差しをいっぱい浴びて、大汗かくと「ひんやりとしたざる蕎麦が食べたいなあ」って思うんですが、今年はそれがほぼないまま夏が過ぎそうです。