Amazon.co.jpからAmazonギフト券に関しての警告のメールがきました。

 

注意、というか、まあ実質警告ですね。

『不正なAmazonギフト券の登録について』というメールです。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

本Eメールは、不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券の登録履歴があるお客様にお送りしています。

Amazon.co.jpが承認していない転売サイトにおいて、不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券が販売される事例の報告を受けております。未承認のサイトから購入したAmazonギフト券につきましては、トラブルが発生してもAmazon.co.jpでは一切責任を負いかねますので、ご注意くださいますようお願いいたします。下記のサイトはその一例です。

・amaten https://amaten.com/
・アマオク! https://amaoku.jp/
・giftissue http://giftissue.com/

Amazon.co.jpでは、細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券のロック(凍結処置)、および無効化を行っております。そのため、お客様に心当たりがない場合でも、詐欺の可能性により、お手持ちのAmazonギフト券が使用できなくなる場合があります。

Amazonギフト券を使用できなくなった際は、必要に応じて、ご自身で購入先または警察等、公的機関までご相談ください。また、Amazon.co.jpにて該当するAmazonギフト券の状況確認、および調査への協力はできませんのであらかじめご了承ください。

なお、不正なAmazonギフト券のご登録が繰り返し確認された場合は、警察等公的機関への報告やAmazonアカウントの閉鎖を含め、さらなる対応をとらせていただく場合があります。アカウント閉鎖の際は、その時点で残っているAmazonギフト券、Amazonポイントおよびクーポンが無効となりますことをご留意ください。

不正行為防止のため、お客様のご理解、ご協力をお願いします。

Amazonギフト券細則
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201384860
———————————————
法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、およびギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません。これらの 制限に反して取得されたギフト券につきましては、アマゾンまたはその関連会社は、利用をお断りする場合がございます。
———————————————

参考:Amazonギフト券のご購入に関する注意
https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&node=4705466051

 

このところアマゾンで買い物する時は、必ずアマオクから購入したアマゾンギフト券を利用していたので、このようなメールがきてしまったんでしょう。

でもよくわかったもんですね、アマオクから購入したアマゾンギフト券を利用したっていうのが。

ギフト券に足あと機能でも付いてるのか?わからんけども。

 

メール内容をざっくりと分けると2つの注意、警告になります。

ひとつは、転売サイトから買ったアマゾンギフト券でトラブルが発生しても、アマゾンは一切責任を持たないよ、というもの。

もうひとつは、転売サイトや不正に取得された可能性のあるアマゾンギフト券は凍結処置をしたり無効化したりするし、繰り返し利用するとアカウントの閉鎖や警察へ報告するかもよ、というものです。

 

ネットでも同様のメールを受け取った方の書き込みがあり、見てみるとかなりの多額を使わずチャージしておいたものが無効化されてゼロになったというのもありました。

僕はその時に必要な分しか購入しないし、チャージした分は即利用するのでチャージ残額を気にしたことはありません。

転売サイトでもチャージしたらすぐに購入するなどして利用することを勧めているのもこうしたトラブルを避けるということからでしょう。

 

前も書いたけど、アマゾンって全ての商品の購入でアマゾンのポイントが付くわけではないし、ポイントサイトで利用できないサイトなのでそういった意味では使い勝手が悪いんですよね。

そういうのも含めてアマオクを利用しているわけですが、このようなメールがきたのでしばらくは控えようかな。

 

取りようによっては、もしくは考えようによっては、ですけど。

 

転売サイトで購入したアマゾンギフト券でトラブルが発生しても自己責任で解決、もしくは諦める。

チャージした金額が凍結処置や無効化される前に即商品購入に使ってしまう。

アカウントの閉鎖を避けるために、転売サイトから購入したアマゾンギフト券を繰り返し登録しない。

 

これらに気をつければリスクはあるけど大丈夫じゃないかなと、甘く考えてます。

だってアマオクだけ見ても、分単位で万円単位のアマゾンギフト券が、今でもどんどん購入されているんです。

こうした転売サイトで購入されたアマゾンギフト券だけでもアマゾンへの売上の貢献は相当なものと思われ、これを完全に締め出すようなことをするとも思えないんですよね。

 

もちろん詐欺などで入手された本当に不正なアマゾンギフト券が、こうした転売サイトに流れているとなると、それは多いに問題にすべきですけど。

でも、ふと疑問に思うんですよね。

出品実績を見ると何万と出品している出品者が多くて、そんな数のアマゾンギフト券どのように入手しているの?って。

 

いまオレオレ詐欺的な人たちのお金の入手の仕方の最先端が、アマゾンギフト券などだという話を聞きました。

最先端ということは最先端でなくなる時がくるということですよね。

時を同じくして繁盛し始めたのがアマゾンギフト券などを転売するサイト。

 

それらの不正な手口でアマゾンギフト券が入手されることが最先端でなくなってきた時にどうなっているか、気になりますね。