僕は親の金融機関の暗証番号を知りませんでした。

 

当然じゃないかと思うなかれ。

あなたも親もまだ若いならいいでしょうけど、あなたも歳を重ね、親も70歳を過ぎると知っておかないと困りますよ。

あなた自身お金に余裕があるなら別ですが。

 

こんな記事を読みました。

 

「危篤に陥り目が開いた瞬間、暗証番号は?」 後悔しない親との別れ〈AERA〉 (AERA dot.) – Yahoo!ニュース – https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170704-00000047-sasahi-life

 

親が重度の病気で入院したり亡くなったりした時の入院費や葬儀代をどうするか。

僕の家は、全て母親が取り仕切っていたので、父は自分のキャッシュカードの暗証番号さえ知らないくらいでした。

そんな母が、話せない動けないという要介護5の重度な病気で入院してしまい大混乱でした。

 

幸い父の名義の銀行口座は引き落とし等の支払い用でした。

父の給与の入金はゆうちょの口座で、母の年金の入金もゆうちょでした。

ゆうちょは自分の身分を証明する免許証などがあれば窓口で下ろすことができるのは知ってました。

 

あ、実は家の事を取り仕切っていた母は、機械音痴だからなのかは分かりませんが、キャッシュカードを作らない口座があり、ゆうちょの口座はありませんでした。

だから窓口で下ろす、ということなんですが、そもそもキャッシュカードがあっても、暗証番号を聞き出せないので使えないんですが。

 

親も自分が死んだときのことを子供と話すなんてあまりしたくないでしょうし、それは子供からしてもそうでしょう。

だけど子供に一切手間をかけずに亡くなる親なんてそうはいませんから、嫌でも話しておいたほうがいいですよ。

 

そういえばカール

 

あいかわらずカールはスーパーの棚で見かけることはありませんね。

ただし堅焼き仕立て大人の贅沢カールは常に並んでいるんですよね。

それを見るたびにいつも思うんです。

 

「いま客が求めてるカールはそれじゃないんだよな。堅焼き仕立て大人の贅沢カールはとりあえず横に置いといて、普通のカールをフル生産しようよ。」

 

記憶に残したい食感は普通のカールの方だし、熟旨炙りカレー味よりもカレーあじ、熟旨炙りチーズ味よりもチーズあじ、それと、うすあじ、なんだけどな。